スパイラル

スパイラル

先週の土曜日に夫が息子を会社に連れて行ってくれました。

というのも、私が最近ちょっと疲れ気味で心配だという理由だそうです。

確かに、知り合いもほとんどいない土地での子育てで少し余裕がなくなっていたのかもしれません。

よく、周りと自分の子供を比べたりしなくていいんだよなんて言われます。

比べたらしんどくなるし、子供にあった成長のペースがあると思います。

それは十分わかっているつもりでした。

でも本当に知らず知らずのうちに、どこか他の子と比べている自分がいるんです。

それで焦ってしまって…。

焦ってしまうと、不安がでてきます。

この子はちゃんと成長しているのかなとか、いつになったら歩くようになるのかなとか。

そういう色んな不安が相まって最終的には自分の育て方が悪いんじゃないかと自分を責めてしまうことになります・

自分を一度責め出すと、本当に止まらなくって苦しくなります。

なんだかこんな母親でごめんねという気持ちが強くなり、息子がいても涙が出てきてしまいます。

そして涙が出てくると、息子に不安を与えてしまったとまた自分を責める。

責めるから苦しくなる。でも息子の前では気丈にふるまう。でもできない。そして自分を責める。

この繰り返しです。

負のスパイラルに陥ってしまいます。

でも自分ではどうすることもできなくて、誰か助けてと思います。

どういうわけかある一つの思考になったときって自分自身ではそこから抜け出せなくなってしまうんですよね。

自分では抜けたい抜けたいと思っても、何か強力な磁石にでも引っ張られているかのように抜け出すことを許されません。

私の場合はそんな状況を夫が救ってくれました。

「最近様子がおかしいけれど、どうしたの」

この一言で、夫はちゃんと私を見てくれているんだなと実感できました。

それと同時にものすごく安心感がありました。

こんな安心感をもったのはいつぶりだろうと、その時初めて自分が不安で押しつぶされそうになっていたということを知りました。

その後はじっくり話し合い、私も一人の時間を持った方がよいということになりました。

そのおかげで今は心からの笑顔で息子に向き合えています。

婚活パーティー 岡山

吹き出物ができました

この歳になって(つまり40をすぎて)、このごろなんやかんやと忙しく暴飲暴食もしていたせいか、あごのあたりに吹き出物ができて参ってます。

これまでにも時折、「生活荒れてるな」というときにひとつ、ふたつ吹き出物ができたことはあるんですが、まぁ大抵は2、3日で消えていたんですが。

今度のはなんか、あごのあたりにたくさんできてしまって(涙)

それがすごく気になって、やめときゃいいのについ無意識のうちに指でさわったりしているものだから悪化をたどるいっぽうです。

あごの吹き出物の原因はいくつかあるようですが、ひとつはホルモンバランスの問題らしく、これはまぁ思い当たります。ホルモンバランスが崩れるときというのは、ひとつはストレスで、もうひとつは生理前であり、どちらもドンピシャだし。

しかし、もうひとつの主な原因として、酒さ性とかいうのがあるみたいなんですよ。

血管が拡張して脂肪の分泌が増えることによるようですが、名前に「酒」がついているとおり、真偽のほどはさだかではありませんが、要するに酒飲みに多い症状なんですって。

……って、まさに私、ドンピシャじゃん(涙)

ストレスで大酒かっくらってて、しかも女性的にも体調の悪い時期で……。

赤みが増しているし、あごの吹き出物って案外目立つんですよね。思春期まっさかりの頃ならかわいいいものですが、この年齢になると吹き出物がたくさんできるとみっともない感じがします。

なんか、こう、お手入れに励んでないというか、生活がすさんでいるとか、ギラギラしている(脂ぎった印象ね)とか。

洗顔とかも気をつけるようにしているのですが、あごの吹き出物は内面的な問題と体の問題ですから、それだけですぐよくなるわけではないんですね。

吹き出物が増えると化粧じたいやる気が失せるし、結果的に外出も面倒になったり、気持ちもダウンしがちです。

やっぱり、心身ともに健康的でないと、ダメですね。特に中高年といわれる年齢になったら、自分の健康は自分できちんと管理してないと、人間としての未熟さ(といった大袈裟だけど)を相手に知らしめることになるような気もします。

たまにハメはずしたり、ストイックになりすぎる必要はないとは思うけど、それなりのお手入れや体調管理はやはり大事だということでしょう。